フロッシング時の歯茎からの出血 - どういう意味?

フロッシングをすると歯茎から出血する場合、これは重症のサインでしょうか?できるだけ早く歯医者に行くべきでしょうか?最善の答えはイエスです。

歯ぐきの出血 歯肉炎は歯周病の初期段階です。歯肉炎は歯周病の初期段階です。放っておくと、歯周炎のような進行した歯周病に発展する可能性があります。歯周病や骨の喪失の可能性を排除して歯肉炎を予防するためには、アンソニー・モバッサー医師のような歯周炎の専門家である歯科医に相談するのがベストです。ほとんどの歯周病は痛みや不快感のシグナルを発しません。自覚症状がないまま骨を失う慢性的な状態になることもあります。早期発見、早期治療が大切です。定期的に歯科医院に通うことで、歯ぐきと歯の健康を保つことができます。

歯科検診

フロスを使っても歯茎からの出血がない場合でも、少なくとも年に2回は歯科医に相談し、受診することをお勧めします。定期的に歯科を受診することで、歯周病と闘い、歯周病を未然に防ぐことができます。アンソニー・モバッサー医師は、歯茎の出血治療の専門家である。しかし、彼はあなたの状態を診断する前に、完全な口の評価を受ける必要があります。多くの歯科処置があなたの問題を軽減することができます。

歯肉炎の治療に手術は必要ありません。ドクター・アンソニーは、初期の歯肉炎か進行した歯肉炎かに関わらず、歯肉炎のタイプに応じて、フルマウス・スケーリング、ハンド・スケーリングと併用した抗菌デブライドメント、専門的な予防処置、適切な衛生習慣などをお勧めします。この治療法は、歯ぐきからの出血を治療するだけでなく、次のような事態を引き起こす可能性を減らします。 空洞 と歯肉炎を再発させます。歯肉炎、歯周病、歯周病と診断された場合、トップクラスの審美歯科医であるドクター・アンソニーの定期検診で、適切な治療計画を立てます。

読む  ロサンゼルスのスマイルメイク

なぜフロスをすると歯茎から血が出るのですか?

これは、手に切り傷ができたら、その手当てをするのと同じように、炎症に対処する必要があることを体が教えてくれているのです。フロスを使うと、歯垢や食べかす、歯と歯の間の細菌を除去することができます。長い間フロスをしていない場合、フロスをすると歯茎から出血することがあり、歯肉の炎症を警戒しなければなりません。しかし、3日以内に歯茎が敏感になったり、出血が続くようであれば、専門家である歯科医に診てもらい、問題を根本原因から取り除く必要があります。フロスをすればするほど、歯茎は健康になり、歯と歯の間の虫歯も少なくなります。

フロッシングの際に歯ぐきから出血するのは、その部分に歯の問題がある可能性もあります。例えば、クラウンが合っていない、詰め物が大きく漏れている、歯と歯の間に隙間があるなどです。修復がうまくいかないと、組織が炎症を起こします。患者さんの中には、その部分をフロッシングしないようにする人もいますが、そうすることは問題を悪化させるだけです。フロッシングによる歯茎からの出血が激しい痛みの結果でないことを確認するために、専門家である歯科医を訪ねる必要があります。電話 アンソニー・モバッサー博士にある歯科医院だ。 310-550-0383 初回相談と評価完全予約制です!

をお探しですか? ロサンゼルスの審美歯科?もしあなたが自分の笑顔を改善し、もっと自信を持ちたいのであれば、アンソニー・モバッサー医師をおいて他にいないでしょう。

30年以上の経験を持つモバッサー医師は、高度なテクニックとトップクラスの技術を駆使して歯の欠点を修正し、完璧な笑顔を提供します。

読む  クラウンを被せるまでのプロセス

Dr.Mobasserは、彼らが彼らの最高の顔を前進させるために彼を頼りにすることができることを知っている有名人の顧客の長いリストを集めています。ハリウッド・スマイルをお望みなら、モバッサー博士のロサンゼルス・オフィスのスタッフに連絡し、初診の予約を取ってほしい。

そのプロセスをより簡単にするために、私たちはあなたの新しい笑顔への旅を始めるための無料相談を提供しています。まずはお電話ください!

フェイスブックでフォローする 毎日の最新情報と口腔衛生のヒントのために!